スズメ。この身近なもの達

2019.07.23 Tuesday

「スズメ 画像 無...」の画像検索結果

スズメの学校

 

スズメには種類があった!?

スズメはもっとも身近な野鳥です。電線に行儀よく並んでまるで学校にように、そのへんにいても当たり前で、あまり気にしたこともないでしょう。ところが、日本にいるスズメには2種類あるのです。ひとつは、家の周辺で良くみかけるいわゆるスズメ(キスズメ、樹雀、tree sparrow)と木立の中で生活しているニュウナイスズメ(入内雀、cinnamon sparrow)です。一説によると、縄張り争いで、ニュウナイスズメが負けて、街から追い出されて森や林で生活するようになったとか。見た目の違いは、頬の黒い斑点です。キスズメには頬に斑点がありますが、ニュウナイスズメにはありません。しかもニュウナイスズメは雌雄で色や模様が違うのです。このほかに、ヨーロッパやアジアに広く分布するイエスズメ(家雀、house sparrow)がおり、世界では大勢を占めていますが、何故か日本や朝鮮半島、フィリピンには生息してません。いずれのスズメも、長い期間でみると減少しています。温暖化の影響とかではなく、住処の環境の変化によるものと考えられています。

その他に、ヨーロッパを中心に、岩スズメ、スペインスズメがいます。

スズメは害鳥?

スズメはお米を食べるので害鳥とされていますが、あくまで野鳥です。勝手に捕獲したりすることはできません。当然、焼き鳥にして食べることは許されません。飲み屋のスズメは輸入ものかウズラのひなです。頭を食べるとグニュッと・・・。私はあまり好きではありません。

スズメの鳴き声は多種多様です。いろいろな声で鳴くので、場所・場所、場面・場面で鳴き声が変わります。良く聴き比べてみると意外と面白いかも知れません。スズメの会話が分かるかも。野鳥の一種ですから、自然に親しむ第一歩として観察してみてはいかがでしょうか?

「ニューナイスズ...」の画像検索結果

ニューナイスズメ

ハーブティーの通信販売『Time with Herb』

https://timewithherb.com/
多様な種類のハーブティーとオリジナルブレンド商品を取り扱っています。
是非チェックしてみてください。

コメント
コメントする