バレンタインはおあずけ?

2019.01.29 Tuesday

愛犬とチョコレート

チョコレートは体に悪い!?

よくペットの本をみると、犬にチョコレートをやるのはダメとなっています。牛乳もダメ、ネギ類もダメ。どの程度ダメなのか?知りたいところですよね。床に落ちていて盗み食いなんてことは日常茶飯事。すぐに獣医に連れて行かなければならないのか?

チョコレートは、その原料であるカカオに含まれるテオブロミンが中毒を引き起こします。カカオが原因ですから、安物のチョコレートでは危険があまりありません。恋人からもらった高級チョコレートは愛だけではなく、テオブロミンも多いので注意しましょう。一概にどのぐらい食べたらとは言いにくいのですが、犬が水を良く飲んだり、ぐったりしたりしたら、注意して観察しましょう。獣医さんも吐かすしかないのですが・・・。

ネギは?

じゃあ、ネギ類は?ネギ類には、アリルプロピールジサルファイドという物質が含まれていて、これが赤血球に悪さをして溶血してしまいます。顕著な症状は血尿と貧血です。食べさせないに越したことはないです。ちなみに火を通していても物質は分解しないのでご注意を。

さて、牛乳。牛乳には乳糖という成分が入っています。犬は成犬になると、この乳糖を分解する酵素を失います。そのため牛乳で下痢を起こすのです。ただ、ペット本ではいかにも危険といったふうに書かれているものもありますが、実際には幼犬から飲ませ続けていると意外と下痢は起こしません。人間でも大人になると牛乳で下痢を起こしますが、飲み慣れていると大丈夫なのと同じことです。積極的に飲ませる必要はありませんが、飲んでしまったからといって大騒ぎする必要はありません。

タコやイカもダメ!とありますが、単に消化が悪く、吐いたりするだけで、毒性はありません。

楽しんで生きていけたら

ペット本は、何でもセンセーショナルに、かつ、あなたしか知らないこと的に書かれていますが、実際には、「やめておいた方が良い」レベルの情報も多く、あまり楽しみを奪うようなことは避けたいものです。長生きはしてほしいですが、「良くない食べ物程、食べたいものはない」というのは、私だけではないでしょうから・・・。

ハーブティーの通信販売『Time with Herb』

https://timewithherb.com/
多様な種類のハーブティーとオリジナルブレンド商品を取り扱っています。
是非チェックしてみてください。

コメント
コメントする