動物相談室

2018.11.08 Thursday

桜 IMG_2793

動物も人も相談?

何でも相談室

医学的な知識を習得している獣医師であるということで、免許をとってからは家族をはじめ親戚からも医学的な相談をいつもされがちでした。動物だけではなく人間についても「やれどこが悪いと言われたけどどうしたらよい?」とか、「なになにを飲もうと思うがどうだろうか?」などひっきりなしでした。あげくにはがんの相談も。どんな治療を受けるのがベストか、なんていうのは重すぎてつらかったです。

家族だけではなく、知り合いからは飼い猫や飼い犬の健康相談もしょっちゅうでした。「塩鮭を食べたけど大丈夫か?」とか「開業獣医でこう言われたけど本当か?」とか・・・。習った知識で答えられるものは良いのですが、分からないことも多く、調べてから回答するなんてこともままありました。

ネギを食べた!

飼い犬が焼き鳥のネギマを食べた!とあわてて電話してきた方も。一本すべて食べ串だけが残ってるとのこと。2.5cmほどの長さのネギが3つあったそうで、大丈夫かと聞いてきました。基本的には溶血で死ぬような量ではないのですが、心配ならば吐かせるためにオキシフル(過酸化水素水)を薄めて飲ませてくださいと言ったら、しばらくして「飲ませたけど、吐かずにぐったりしただけです」とのこと。「しんどそうにしているので、飲ませなければよかった」と言われました。そう言われてもなぁ・・・。

下痢が続いているとの相談も多いです。これは基本的には絶食が一番。一日食べさせなければ、ほとんどの場合は治ります。それでも続くようならば開業獣医さんへ行ってください。脱水さえ起こさないようにすれば、あまり重篤にはならないはずです。

困るのは魚や爬虫類の相談です。魚は6年制の獣医(4年制と6年制があり、今は6年制です)は習っているのですが、私たちは範囲に入っていませんでした。爬虫類なども教科書には載っておらず、知識がありません。鳥は実験で鶏を使っていた関係である程度の知識はありましたし、注射も打てるのですが、相談はありませんでした。爬虫類などを飼っておられる方で獣医師にかかろうと考えておられる方は、ネットで良く調べて、知識と経験の豊富な獣医を探されることをお勧めします。

「ペット相談室 ...」の画像検索結果

ハーブティーの通信販売『Time with Herb』

https://timewithherb.com/
多様な種類のハーブティーとオリジナルブレンド商品を取り扱っています。
是非チェックしてみてください。

コメント
コメントする