水族館好きな日本人

2020.10.06 Tuesday

水族館を優雅に泳ぐジンベィザメの写真|フリー素材は「ぱくたそ」写真 ...

年中いっぱいの人だかり

世界一水族館が多い国

世界には430を越える水族館があると言われています。ここ日本では定義にもよりますが60〜120(一説では150。でも正確なところは分からないのが実情)もの水族館があり、これからも香川の四国水族館や沖縄かりゆし水族館などの開館予定もあります。日本人って水族館好きなんですね。

そんな中で床面積が日本一大きいのが名古屋港水族館、次が大阪の海遊館、次いで三重の鳥羽水族館です。屋内水槽(俗に言う巨大水槽)で比べると、1位が沖縄美ら海(ちゅらうみ)水族館、2位が大阪の海遊館、3位が東京の葛西臨海水族園です。飼育種類数では鳥羽水族館が約1200種と他を圧倒しています。

一方、日本で一番小さな水族館としては、兵庫県の内陸部にある養父(やぶ)郡大屋町の淡水魚と昆虫を展示している「あゆ公園ミニ水族館」が挙げられる場合と、山口県大島郡周防大島町の瀬戸内海の生き物を展示している「なぎさ水族館」が挙げられる場合があります。両方とも私の行ったことのない水族館ですが、非常に興味がそそられます。

手作り水族館

先日の新聞に紹介されていたのは、「なぎさ水族館」です。飼育員は二人だけ。飼育種は約80種。地元の漁師の方々から分けてもらったものが半分、残りは二人で捕獲しているそうです。こんな小さな水族館でも日本一があります。タッチプールが大きいのです。それも浅い水槽に手を入れて生き物を触るのではなく、膝まで裾をまくって水に入り、じゃぶじゃぶと動き回りながら(追いかけまわして?)目当ての生き物を探して触るのです。子どもたちは大騒ぎ、大はしゃぎ。このおかげで地元の人々は勿論、遠方の方も結構来館されるようで、10年前よりも来館者が1万人も増えたとか。もともとは1990年に町おこしの一環として建てられて30年、手書きの絵や解説文を水槽につけたり、譲ってくれた漁師さんの絵に紹介文をつけたりしてお客さんを楽しませてくれているそう。島の突端の不便な場所にありますが、入館料(大人210円、小中学生100円)の安さもあり、今後が楽しみな水族館です。

 

全国】入館無料のおすすめ水族館11選 タッチプールも充実! - Yahoo ...

ハーブティーの通信販売『Time with Herb』

https://timewithherb.com/
多様な種類のハーブティーとオリジナルブレンド商品を取り扱っています。
是非チェックしてみてください。

コメント
コメントする