免疫力アップにエキナセア

2020.07.28 Tuesday

エキナセア 画像 無料 に対する画像結果

ガーデニングにも

天然の抗生物質

ガーデニングでもよく植えられるエキナセア。北アメリカ原産で先住民が毒蛇に噛まれたときや伝染病などに使用していたインディアンハーブ、薬草です。このエキナセア、免疫力アップの作用が期待されていて、それに伴って風邪やインフルエンザの予防効果も期待されています。今年は、新型コロナの感染が拡大しました(過去形?)が、免疫力アップで乗り切ることができれば嬉しいですよね。最近の知見としては、虫歯菌の増殖抑制効果が認められたそうですし、花粉症の緩和にも期待が寄せられています。

エキナセアは、和名がムラサキバレンギクといい、キク科の多年草です。エキナセアはギリシャ語のエキーノスからきています。エキーノスとはハリネズミのことで、花の咲いた後の頭部が針のように突き出てくることに由来します。日本では鳥取県の大山地方で特産化が進んでいます。ハーブティーは、シングルでは癖のない草木の香りのするティーとして飲めますし、ビタミンCの豊富なローズヒップとのブレンドティーにするとより効果が強まると考えられています。もちろんカフェインフリー。長期飲用、毎日の飲用、多飲を避ければ妊婦さんも安心して飲めるハーブティーです。

園芸種

ピンク色の花のエキナセア プルプレアが一般的に園芸店で販売されています。赤や紫、緑、黄色などの色があり、珍しいオレンジ色のエキナセア サンダウンや八重咲のエキナセア ピンクダブルデライト、エキナセア グリーンラインなどもあります。じめじめしたところを避ければ、耐寒性・耐暑性に優れ、基本的に丈夫で栽培しやすく、結構ほったらかしでも生育する園芸植物でもあります。常緑多年草で、50センチから1メートルまで育ち、5〜8月に花をつけます。

庭のない家に住む私には夢のようなのですが、私のカナダの知り合いは、庭にエキナセアを植えて、毎年夫婦でワイン片手に楽しんでいるそうです。うらやましい限りです。

 

エキナセア 画像 無料 に対する画像結果

八重咲品種

ハーブティーの通信販売『Time with Herb』

https://timewithherb.com/
多様な種類のハーブティーとオリジナルブレンド商品を取り扱っています。
是非チェックしてみてください。

コメント
コメントする