ジブリとともに

2020.06.09 Tuesday

「ナウシカの世界...」の画像検索結果

近未来か異世界か

ナウシカにはまって

初めてジブリというか宮崎駿さんの作品に触れたのは「風の谷のナウシカ」。その近未来か異世界か分からない世界で人間と虫が共存してゆく世界。巨大な王蟲(オーム)は、昔のスペースオペラ「デューン 砂の惑星」シリーズにでてくるサンドワームを髣髴させるものがあります。文明社会と半文明社会(農業社会)と自然との闘い(競争と共存)は小さな胸に大きく響いたものでした。

ナウシカの成功後にスタジオジブリが設立され、「天空の城ラピュタ」、「となりのトトロ」、「火垂るの墓」、「魔女の宅急便」とヒットを続け、「紅の豚」、「もののけ姫」、「千と千尋の神隠し」で海外からも評価されるようになりました。ナウシカを含む計22作の映画のうち、「ホーホケキョ となりの山田くん」と「レッドタートル ある島の物語」以外はすべてみてきました。それぞれに訴えるものは違いますし、観る側の受け取り方も違うと思いますが、どれも素敵な話だったと思います。

映像だけではない

映画のビデオもDVDも持っていませんが、サウンドトラックの増補版CDを持っています。「ナウシカ」から「かぐや姫」まで全36曲。曲相も歌手もまちまちながら、本当にその映画の画面にぴったりものばかりです。映画に取り上げられる前から流行っていた荒井由美(松任谷由美)や加藤登紀子などの歌も、まるでその映画のために作られたかのようでした。個人的には独特の歌唱の手嶌さんの歌が好きです。

同じ収録曲のオルゴール版も持っています。疲れた時などは、何も考えずにオルゴールの音色に流されて、仕事したりリラックスしたりするのは良いものです。

何かの本で、このオルゴール版のCDは、精神科の待合室で流れていることが多いと書かれていました。こころの病の方に良いものならば、健康な人(?)にもきっと良いものだと信じて聴いています。

ちなみにナウシカの主題歌は「とんねるず」の木梨憲武氏の妻、安田成美さんが歌っていたんですよ。かわいかったですよぉ!蛇足ですけど。

「ジブリ」の画像検索結果

ハーブティーの通信販売『Time with Herb』

https://timewithherb.com/
多様な種類のハーブティーとオリジナルブレンド商品を取り扱っています。
是非チェックしてみてください。

コメント
コメントする