入ろかな?野鳥の会

2020.05.12 Tuesday

「画像 無料 野鳥...」の画像検索結果

野鳥の会のイベント

入ろかな、やっぱりやめよかな

何年かに一度は巡ってくる思い、「野鳥の会に入ろかな?やっぱりやめよかな?」。でも今のところ入っていません。大学の時に先輩が結構入会していて勧誘されたのですが、休みごとにあちらこちらへと野鳥を見に出かけていて、旅費もばかにならない様子をみてやめていました。その後は、自然関係の催しでブースが出されているのを見て、興味を持っていたのですが、なかなか入会する決心がつかず・・・。

新聞広告で「身近な鳥の小冊子差し上げます」の文面にほだされて応募したら、そのうちに野鳥の会の通販のカタログが送られてくるようになり、お気に入りのものを買い求めたら、観鳥会なんかの催しのお誘いが来るようになり、またまた「入ろかな?」になってしまいました。

でも野鳥の会って鳥をみるだけなのか、ほかに何をやっているのかが分からない。紅白歌合戦で紅白のカウントするぐらいしか見たことがない。何とも無知なのでした。

自然保護の一役を担う

この間、日経新聞に「オオトラツグミ 100羽確認」という記事が載っていました。オオトラツグミと言えば、奄美大島にしか生息していない国指定の天然記念物の野鳥です。現地調査が実施され、個体数が多かった去年と同じぐらいの生息数がいることが確認されたとのことでした。この現地調査をだれがやっているかと言えば、島の内外のボランティアで、ほとんどが野鳥の会のメンバーとか。島を縦断する林道を中心に3人一組で往復し、さえずりの声の聞こえた場所と時間と方向を記録していくのだそうです。このデータを突き合わせて、何羽の鳥がいるかを推計するのです。地味な活動ですが、これを継続することで生息状況が把握できるのです。その結果、確定数は2002年までは数十羽だったのが、2003年以降は100羽を超え、近年は300羽前後で推移しているとのこと。こんな活動だったら参加したいと思います。でも金も体力も時間も無いの無い無いづくし。やっぱり野鳥の会の入会は無理かなぁ。

「画像 無料 野鳥...」の画像検索結果

ハーブティーの通信販売『Time with Herb』

https://timewithherb.com/
多様な種類のハーブティーとオリジナルブレンド商品を取り扱っています。
是非チェックしてみてください。

コメント
コメントする