雪の音

2020.02.04 Tuesday

「雪 画像 無料」の画像検索結果

Greeeenの歌ではありません!

雪の種類

一口に雪と言ってもいろいろな種類があります。細雪(ささめゆき)、粒雪、灰雪、牡丹雪(ぼたんゆき)、綿雪、泡雪、玉雪、べた雪、水雪(みぞれ)、風花などなど。細雪(ささめゆき)は細やかにまばらに降る雪。粉雪(こなゆき)[小米雪(こごめゆき)]は粉のようにさらさらとした細かい雪。パウダースノーとも言われ、積もらないのが特徴。粒雪(つぶゆき)は粒になっている雪で積もるのが特徴。灰雪(はいゆき)はまるで灰が降っているかのようにヒラヒラと舞い落ちる雪で普通の雪。牡丹雪(ぼたんゆき)[花びら雪(はなびらゆき)]は雪の結晶がいくつか集まって「ぼたんの花」のような大きな塊(雪片:せっぺん)となって降る雪で気温が高い時に降りやすい雪です。綿雪(わたゆき)[餅雪(もちゆき)]は綿をちぎったような大きな雪で綿や餅のようにふわふわとしています。牡丹雪より少し小さい大きさで暖かく降水量が多い地方に降る雪。泡雪[淡雪、沫雪(あわゆき)] 泡のようにふわふわで柔らかく、すぐに溶けてしまう雪。玉雪(たまゆき)は丸い玉のような形で降ってくる雪。べた雪[濡れ雪]は水分が多い雪でさらさらではなく、少しべちゃっとしているのが特徴。水雪(みずゆき)はべた雪よりも水分が多い雪でみぞれみたいな感じ。地域、天候、季節によって、それぞれが振ります。

雪の音

雪道で降り積もった雪を踏むと音がします。踏みつけるときの「グッグッ」という感触と共に、「キュッキュッ」と音が鳴り、何とも言えない快感をもたらしてくれます。これは誰も踏んでいない雪道に特有の音です。一方で、振る雪にも音がします。童謡の歌詞の「雪やこんこ、あられやこんこ」ではないのですが、細雪は「きんきん」と、灰雪は「しんしん」と、牡丹雪は「はたはた」と、綿雪は「ふぁさふぁさ」と、べた雪は「びちょびちょ」と、水雪は「べちょべちょ」と、そして風花は「びゅーびゅー」と音が鳴るのです。全部擬音語ですが、広い場所で他に音がしないところで雪の上に寝転んでみると、上記のような音が聞こえてくるのです。べた雪と水雪の時には寝そべれませんが、雪国に行ったら、是非試してみてください。きっと納得してくれるはずです。違う音が聞こえたら、また教えてください。
 

「雪 足跡 画像 ...」の画像検索結果

ハーブティーの通信販売『Time with Herb』

https://timewithherb.com/
多様な種類のハーブティーとオリジナルブレンド商品を取り扱っています。
是非チェックしてみてください。

コメント
コメントする